【ラプラスリンク】最速攻略wiki

ラプラスリンクの攻略wikiです。 他のどのサイトよりも早く攻略情報を掲載します!

用語説明

ラプラスの樹と正負循環

ルーンの元となるエネルギー「エーテル」を発生させる、この世界において無くてはならないもの。そこには樹の活力源となる「天使」が結ばれている。
この樹を中心にエーテルは循環しており、その循環を「正負循環」と呼ぶ。
この循環の過程で不要となったものが「樹獣」となる。

ラプラスショック

約1年前に起こった世界的な異変。
その影響範囲や原因などは明らかになっていない。
この影響でできた空間が「時幻の狭間」である。

ルーン

魔法を使用するために必要な刻印。
金属や石、布といった物質にルーンを刻むことで、ルーンに込められた魔法を使用することができる。
生活レベルのルーンなら、誰でも使用できるが、戦闘用などの高度なルーンを使うには、高い知識とセンスが必要になる。

エーテルと廃エーテル

エーテルとは、正負循環の過程で生成されるエネルギーで、ルーンの元となる。大気中に舞っており基本は不可視。
そのエーテルを消費すると発生するエネルギーの搾りかすを廃エーテルと呼ぶ。これが樹獣発生の元になっている。

樹獣討士

湧き出る樹獣を討伐し、樹獣による被害を抑え、エーテル生成を促すことを生業とした職業。
樹獣討士には、国の省庁に所属している国家樹獣討士とフリーランスの2種類に分かれている。
イツキはフリーランスとして自由に活動している。

祭祀姫

祭祀姫とは、祭祀を行うことができる巫女の血を引く者のことを言う。
ラプラスの樹および正負循環に深く関わる存在であり、公になると反組織などから生命を狙われるため、その存在は秘匿事項となっている。

反組織「アンリップ」

エーテルに頼らない世界を作ることを目的とした反ラプラス組織。
ラプラスの樹への依存を否定しており、それを助ける存在である祭祀姫の抹殺を企てている。

結界

結界とは、周囲に樹獣が自然発生することを抑制できる魔法の一種。
発動には結界石が必要となる。

時幻の狭間

ラプラスショックの際に生み出された謎の空間。
強大な力を持つ樹獣が発生する「連関回廊」や、特殊なクエストの受注ができる「輪廻回廊」の2種類が存在する。
「連関回廊」は別次元ともつながっており、平行世界の人と共闘することができる。

最終更新 :

掲載中の画像、データ等は開発中のものを基にしているため、実際とは異なる場合がございます。

この記事のコメント(0)
新着順
評価順
コメントしよう...
コメントをもっと見る
コメントされた記事
最近更新した記事